NEWS

新着情報

「2018 FIM世界耐久選手権最終戦“コカ・コーラ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第41回大会」が間も無く開幕いたします。

平素は格別のご愛顧を賜り深く御礼申し上げます。

弊社運営のレーシングチーム「au・テルル MotoUPレーシング」は、「2018 FIM世界耐久選手権最終戦“コカ・コーラ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第41回大会」に今期も参戦いたします。

参考:https://teluru.moto-up.com/news/2195

開幕も間近となり、先日7/5木)・7/6(金)には決戦の舞台である三重県・鈴鹿サーキット(1周5.821km)にて、メーカー、タイヤメーカー合同テストを行いました。

今大会にエントリーする秋吉耕佑、イサック・ビニャーレス、長島哲太、3人のライダーが現地へ集結。
長島は、前週に行われた第8戦オランダ初日での転倒による左手薬指負傷の影響で、今回のテストでの走行はありませんでしたが、第9戦ドイツ(7月15日決勝)には、復帰する予定です。



▶︎テスト走行を終えて




▶︎秋吉耕佑
「長島のケガは残念ですが本番には、万全の体制で臨んでくれるので全く問題ありません。
ライダー3人、そしてチームとして全力で戦いますので、応援よろしくお願いいたします」


▶︎長島哲太
「今年は、全日本JSB1000クラスでも秋吉選手の調子がいいので、チーム、マシンとしてもレベルが上がっているので、すごく楽しみだったのですが、合同テストで 走ることができなかったのは残念です。
ケガは、指の先だけなので、鈴鹿8耐本番では、レベルアップした走りをしてチームに貢献したいですね」


▶︎イサック・ビニャーレス
「鈴鹿サーキットは、1周が長く、2つのシケインとS字コーナーをリズムよく走らないといけないので、すごく難しい。スーパーバイクに乗るのも初めてでしたが、Moto2TM マシンに比べてパワーがあるので、すごく楽しく乗ることができました。後はレースウイークで自分自身の最大限のパフォーマンスをするだけです」

今年も熱戦が期待される"鈴鹿8耐"
「au・テルル MotoUP レーシング」の活躍に、是非ご期待ください。


鈴鹿8耐 公式HP:http://www.suzukacircuit.jp/8tai/

au・テルル MotoUP レーシングチーム公式HP:https://teluru.moto-up.com/

本件に関するお問い合わせ

本件に関するご相談やご質問など、こちらからお問い合わせください。

取材に関するお問い合わせ

株式会社ピーアップ
広報担当者
TEL:03-3870-0099 E-mail:ir@p-up.jp